労働保険とは

労働保険とは、労働者災害補償保険(一般に「労災保険」といいます)と雇用保険をまとめた総称であり、業務上災害と通勤途上災害による傷病等に対する補償(労災保険)、失業した場合の給付(雇用保険)等を行う制度です。
保険給付は両保険制度で個別に行われていますが、保険料の徴収等については労働保険として、原則的に一体のものとして取り扱われています。
労働保険は、法人・個人を問わず労働者を一人でも雇っている事業主は必ず加入することが法律で義務付けられています。この「労働者」とは、パート、アルバイトも含みます。

労働保険の適用と加入手続

労働保険に加入するには、まず労働保険の「保険関係成立届」を所轄の労働基準監督署又はハローワーク(公共職業安定所)に提出します。そして、その年度分の労働保険料(保険関係が成立した日からその年度末までの労働者に支払う賃金の見込み額に保険料率を乗じて得た額)を概算保険料として申告・納付します。
雇用保険に加入する場合は、この他に「雇用保険適用事業所設置届」及び「雇用保険被保険者資格取得届」を所轄のハローワーク(公共職業安定所)に提出しなければなりません。
労働保険の適用の範囲、方法は次のように区分されています。
○当然適用事業と暫定適用事業 ○一元適用事業と二元適用事業

※ 加入手続き、労働保険料の計算等についてはお電話にてご相談、ご質問お受けします。お問い合わせください。