助成金とは

1)助成金とは
助成金とは、返済義務のない資金をいい、大きく分けると雇用関係の助成金と、研究開発の助成金とに分けられます。
雇用関係の助成金は、従業員の採用、従業員の雇用調整、定年延長、従業員の研修や教育などを行った場合に支給され、多くの事業所で利用が可能です。
一方、研究開発の助成金は支給額も大きいのですが、申請手続は複雑で、利用できる事業所も限られてしまいます。
ここではより多くの事業所での利用ができる雇用関係の助成金について説明します。

2)雇用関係の助成金
雇用関係の助成金は、労働者の職業の安定をはかるため、失業の予防、就業機会の促進、雇用状態の是正、労働者の能力開発などを目的にして支給されます。
しかし、近年の経済状況を反映して、定年延長・廃止、介護・育児休業制度新設など就業規則の変更にともなう助成金も増えています。
助成金は、雇用保険料を財源の一部にしているため、雇用保険への加入が申請の条件とされており、保険料の滞納がある場合には申請が受理されないケースもあります。
また、雇用関係の助成金は条件さえ合致すればほとんど支給されますが、社会情勢により内容や支給条件はたびたび変更されます。
したがって、常に最新の情報を入手しておくことが必要です。

※ 助成金は多種多様あり、支給条件もそれぞれ異なります。どのような助成金の支給対象になるかお気軽にお電話ください。